上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
デッキの切り札(いろんな意味で)

始めて見ました
三国志対戦2

いやぁ実はこのゲーム1の頃から気にはなってたんだよねー
一人で始めるのがアレだったのと近所のゲーセンに無いので
やるきっかけが掴めなかったんだけど・・・

2になってそこそこ近いゲーセンにおいてあることが分かり
晴れて三国志デビューしてきました

取り合えずスターターを購入
中身の色は呉
取り合えず甘寧が居るので満足してプレイしてみることに
チュートリアルを1プレイ
・・・・・楽しい(゚д゚ )

他の身内がやってるからって
ガンダムやら無くてよかったよ(ぉ

そのままチュートリアルを終らせ
群雄伝(CPUモード)をやることに
ルートは勿論呉
1章は問題なく瞬殺
2章は~
うわぁ相手董卓かよ・・・

結果
普通に負けました・。・゚(ノДT)゚・。・

今の手札では勝て無そうだったので
取り合えず情報を集めて見ることに

そんでもって取り合えず作ってみたのが
何故か西涼のデッキ(ぉ

レシピは
SR 董卓(馬)
UC 董白(馬)
R  帳遼(馬)
UC 高順(馬)
C  臧覇(馬)

で☆は丁度8

取り合えずコレはアルカに載ってたまんまのデッキですね
これを今日プレイしてみた感じで多少変更してみると

SR 董卓(馬)
UC 董白(馬)
R  帳遼(馬)
UC 陳宮(弓)
UC 李儒(弓)

とかになるかも

ってか西涼槍兵持ち居ないんだよなー・・・
多少指揮の最大値が下がっても魅力×2で十分供給できそうだし
2勢力で組むのもありかもなぁ

ってか
弓兵と騎兵とか
城落とすのに時間かかるし・・・


”暴虐なる覇道”を活かすには槍兵は居たほうがいいかもしれないしね

んで2色で考えると
SR 董卓(馬)涼
UC 董白(馬)涼
R  帳遼(馬)涼
UC 孫桓(槍)呉
C  丁奉(弓)呉

とかかなぁ

槍は1しか入れてないけど
火計+麻痺矢で相手の足止めも出来るし
これならそれなりに相手の動きに対応出来るかも
計略が強いので馬騰を丁奉の代わりに入れてもいいかも

董白は正直能力的には微妙なのだが
個人的に趣味なので絶対外しません

まぁこれとは別にサブデッキを組んで
槍兵に対応できるデッキを組んでもいいんだけどねー
まぁなるべく西涼で全てに対応できるようにしたいね

んで今日対人戦もやってきました
結果は惜しくも城の残りHPで負けたのですが
これは完璧に俺の”暴虐”の撃ち方のミスですね

実際相手には狙い通り終始攻めさせなかったのですが・・・
取り合えず流れとしてはこんな感じ

序盤
全員が突撃が出来るように牽制しながら動き続ける
相手が柵を壁に弓で引き篭もってるのでムリに攻めず
相手の出方を待つことに

突撃体勢のまま一向に責めてこない俺に焦れたのか
相手が柵を越えて前進
そこに順番に突撃を当てて逃げ相手の兵力を削る

暴虐が撃てるラインまで指揮が溜まったので
柵を壊しつつ前進
相手が迎撃体勢を取り始めたところで発動→一気に蹂躙
城を殴りこの時点では暴虐コミで俺のリード

中盤戦
相手が復活したところを董卓と帳遼で殴る
相手が城門に横弓する位置に弓兵を置くが無視することに
(↑これポイント)

終盤戦
相手が兵法を使い一気に復活してくる
それに対応して”味方全員を範囲にいれ”暴虐を再度発動
相手を殺し横弓を無視して城を殴る
ここで暴虐のコストでこちらが不利になっていることに気づくが
時既に遅し・・・
後1発の差でこちらの敗北に

大きな原因は二つ
横弓を即排除しなかったこと
暴虐に味方武将全員を入れたこと


1発目は城へのダメを気にして董白は範囲外にするなど考えていたのに
少し自分が有利な状況だったために冷静な判断が下せませんでしたね

それと横弓に対しての考えの甘さ
最初に排除して城門に1劇でも入れていれば
簡単に終らせられた試合だったとも言えるし・・・

試合内容的には
終始俺のやりたいように事が進んでいたし
最後には判断力の甘さを実感することが出来ていい試合だったと思う

目先の数字だけに捕われずに
もっと先を読み続ける力をつけないとねー

あと客観的に”どうされると嫌か”というのを
少しだけだけど確認できたと思う

あと今回の試合は
相手に槍兵が居なかったのを
幸運と考えるべき

というのも感じた

いかに苦手な要素を無くすか
俺の腕の見せ所ですね

暫くはこれもやっていこうと思ってるので
新たな発見とかあったら
書いていこうと思うよ~ヽ('A`)ノ

もしここを見ている上級者の方が居たら
何かアドバイスをいただけると幸いです


それじゃ今日はこれくらいでー

それでは新たな争乱に身をおくモノに最上の進化を願って
スポンサーサイト
2006.07.02 Sun l 三国志大戦 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。