上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
やべぇこれ欲しいw

ってな訳でー
今日もアクエリオルタの話です

まぁ先ずは恒例の今日の収穫から
スーパーアイドル”小鳥遊 ひびき”(2枚目)
エルブンストライダー”ロビン・グッドフェロウ”(2枚目)


まぁ今日は不調でしたね
ダブリしか引かなかったですし・・・
(・ω・`)

まぁそれは置いといて
今日の対人戦の結果でも~
○×○○×

連勝はついにストップしちゃいました・・・
(・ω・`)

まぁ今日もリプレイをしつつプレイングの反省を少し

1.2戦目は今までどおりの青黄でプレイです
1戦目 相手白青
相手に新菜が居たのが気がかりなままスタートした試合でした

1ラウンド目
開幕はマーリンを互いにブレイク
そのままお互いエンシェントアローでMBを歩かされながらの鬼ごっこ開始
ダメージはこちらが有利だったのだが
調子にのって撃ったトラップセンスが結果的に致命傷に
こちらのキャラが撤退するもエナジーが足りずブレイク出来ず
結果ジリ貧にそのままダメージを奪われ
そのままダメージ負け

2ラウンド目
開幕はお互いにマーリンをブレイク
もう1キャラを相手MB近くに配置からの鬼ごっこ
こっちに来たのははるかだったのでエンシェントアローで警戒しつつ逃げる
相手のMBに早い段階でロュスが殴れてこちらが有利に
相手にモーリーが出されコチラはミナを対応でブレイク
そのまま爆発ではるか&モーリーを撤退させ
そのままダメージを与え続けコチラの勝ち

3ラウンド目
開幕はm(ry
まぁ大体同じ展開に
少し違かったのは向こうがより攻撃的なシフトで来た事かな
特に面白い事も無く普通にダメージ勝ち
MVPはミナ
ちなみに3ラウンド総じてオルタは使用せずでした


2戦目 相手緑黒
相手にメタトロンが居ないのを確認して
少し安心したのが全ての間違いだった・・・
まぁそんな試合でした


1ラウンド目
開幕はこちらがマーリン相手がティアマトをこちらMB前にブレイク
そのまま向こうの鬼ごっこ開始
こっちもロュスをブレイクした直後から敵MBを追い掛け回し
双方鬼ごっこ開始
敵にカマエル、ウリエルがブレイク
こちらはマーリンが撤退しロビン、ミナをブレイク
ロビンでスピードを低下させミナでダメージを与え
敵のキャラを封じている間にロュスで敵MBにダメージを与え
そのまま判定勝ち

2ラウンド目
開幕直後の戦闘でマーリンが落とされる・・・
ロュスで敵MBを追い掛け回しつつこちらのMBも逃げるが数発被弾する
敵にタイムストップを投下されこちらが大分不利になるも
こちらもうっかり次元斬で対抗
敵キャラを2体落とすも時間が足りず
ゲージ差ミリでの判定負け
こちらの次元斬後の気の緩みが敗因ですね・・・

3ラウンド目
2ラウンド目の攻防で少し熱くなってましたね・・・
開幕からお互い全力で相手MBを追い掛け回す鬼ごっこに
判断ミスも甚だしいのですが
その時は2ラウンド目の攻防から考えられる
唯一の光明に感じられたんですけどねw
結果イレイザーのスピード3
2体を相手にしての鬼ごっこには限界が・・・
アフロディーテの光弾に捕まりゲームセットでした・・・
(・ω・`)

こちらの最大の敗因はHPゲージ差を考えて次元斬を投下出来なかった事ですね・・・
10の勝利より1の敗北の方が学ぶ事は多いなーと感じました
先ず最大の敗因は
追う事には慣れたが
追われる事には慣れていなかったこと


今までの対戦相手の追撃は比較的簡単に捌けていたんで
少し油断していたのかも知れませんね・・・
それと敵と自分のキャラのスピード差を計算に入れていなかったこと
スピード3に複数で追われた場合の逃げ方を考えたことが無かったですしね

それと頭に血が昇り冷静な判断が出来なかったこともありますね
次元斬に入れる=勝利では無いと分かっているつもりだったんですが
やはり油断は隠せなかったですね・・・

この欠点をどう克服するかが今度の課題ですね

んでもって考えるところがあってデッキ変更しての
2回目
デッキはこんなです
賢者”マーリン”
リトルウィッチ”ミナ・アグリッパ”
リザレクター”クララ・クロオーネ”
大天使”ジブリール”
地天使”ウリエル”

ミストルティン
ステルスシステム


まぁぶっちゃけると
黄を黒に入れ替えただけです


テーマというかやろうとしたことは
いかに敵MBに多くプレッシャーをかけられるか
黒の1コス2コス共に他の選択肢が無かったのでジブリールになりました

3戦目 相手白青
怖かったのは相手のオルタがデス・ルーンとソドムの罰だったこと

1ラウンド目
開幕は自MB前にマーリン敵MB近くにジブリールをブレイク
敵がはるかを出してきたのでそのままマーリンで気を引きつつ逃がす
ミナをブレイク後わざとマーリンを撤退させウリエルをブレイク
そのままジブリール+ミナで自MBを守り
ウリエルで敵MBを叩きそのままダメージ勝ち

2ラウンド目
基本は1ラウンド目と同じ
途中デス・ルーンを投下されるもMBが抜けれたので
カウンターでステルスシステムを使い敵MBへのダメージ+敵キャラを殲滅
最後はミストルティンで
敵MBのHPを奪いつくして勝利

MVPはミストルティンかな?

4戦目 相手白青緑黄
気をつけるのはメイド長だけ
そしたらエナジー差でいけそう
そんな感じ

1ラウンド目
基本は前の試合と同じ
気をつけるのはメイド長の召還タイミングと
こちらの相手を撤退させるタイミング
基本はマーリンで守りつつジブリールで敵MBを追い掛け回すのだが
敵にメイド長が出た瞬間からターゲットをスイッチ
即効撤退させる
そのままエナジー差を利用してミナ&マーリンで守りきり
そのままダメージ勝ち

2ラウンド目
狙われているのが分かったのか序盤にメイド長がブレイクされない試合に
そのまま敵の召還を注意しつつキャラを撤退させていき
そのまま殴りきってこちらの勝ち
4色デッキはこちらがコントロールしやすいなぁといった感じ
MVPはミナかな

5試合目 敵赤黄
なんだか色は違えど俺のデッキを見ているかのような構成
いや本当に似てましたね
黄は同じ構成でした(まぁ今回は入れてないけど)
決定的な違いは赤と青の立場の違いだろうか

1ラウンド目
開幕から敵も俺と良く似た戦法を取っていました
本当に自分のミラーと戦っている感じでプレイ
序盤こそ拮抗していましたが
ジブリールが簡単に溶けてしまいこちらが不利に
中盤になりロビンが出て日見呼のスキルが発動され
スピード差でこちらが不利になりダメージ負け

2ラウンド目
ジブリールは思った成果が上げられないと判断
序盤からエナジーを4溜めウリエルをブレイクする作戦にシフト
結局これは間違いじゃなかったんだけど
相手と俺の鬼ごっこ性能に絶望的に差がありましたね
結局MBを殺されてこちらの負け
お互いオルタは使用せず
ステルスシステムが通ればひょっとしたら勝てた試合かもしれませんでしたね・・・
まぁ後の祭りですが

他の選択肢が無いので採用したジブリールですが
コスト2 パワー1 スピード2は弱いですね
敵MBを追い込むにしても中途半端ですし
敵キャラを殴るにしても力不足感が拭えませんでした

最善の選択肢を求めるならメタトロンですが
レティクルも相性的には悪くないかも
まぁそれだと開幕に砲台を2個設置することになるので
青のカードを少し変更したほうがいい気もしますが

まぁ今考えている理想のデッキの1つはこんな感じです
賢者”マーリン”
リトルウィッチ”ミナ・アグリッパ”
ホムンクルス・アゾート”Works274”Ver3
総参謀長”メタトロン”
アークエンジェル”ルシフェル”

デス・ルーン
ソドムの罰


まぁ即死コンボの一つ
メタトロンの慣性制御からのデス・ルーンを主軸に考えたデッキ
恐らくメタトロンを限界まで守れば
死んだときにはルシフェルが出せるであろうという考えでルシフェル
ルシフェル+Works274の組み合わせもかなり厄介だと思う
よりスキルを使用した防衛戦に特化した形

別パターンとしては
人造天使”イヴ”
リトルウィッチ”ミナ・アグリッパ”
艦隊指令”レティクル・クュルェ”
アークエンジェル”カマエル”
アークエンジェル”ルシフェル”

デス・ルーン
ソドムの罰


開幕はレティクルで砲撃
MBの防衛をイヴで行い可能ならスキルを使用して敵キャラにダメージを与える
↑のデッキパターンとは違い
黒にメインアタッカーを用意してより攻撃的にした形

まぁ今のところ両方作成出来ないので
どちらかが実現したら検証してみようと思います

まぁ明日も新しいパターンを試してこようかなーと思います
自分にとっての黄金パターンが見つかるといいんですけどね

んじゃまコメントレス
ムナナさん
エナジードレインの感想同感です
アレ系の切り札は
いかに接戦な状態で使用の見極めが出来るかどうかが大事なので難しいですね
ミナに関しては自分でも気づいてませんでしたw
最初は劣化ソニアかと思っていたのですが
ソニアより全然優秀ですねw
それとマスターおめでとうございます

桐生さん
黄仲間はっけーん(ぉ
このゲームで一番大事な事は
”どうやって勝ちたいか”を見つけることだと思いますね
中途半端な防御と攻撃だとかえって被害が大きくなりますね
黄はどちらかと言うと攻撃的なのでガン攻めにするか
どのような状況にも柔軟に対応できるようにするかで
対の色が変わると思います
お勧めは赤ですね
弓削遥があるなら相当有利に試合展開を支配出来るかと
まだまだこちらのランクも低いのでマッチアップしたらよろしくお願いします

がんがぜさん
メイド長対策ですがその通りだと思いますね
自分で使ったときはいかに生かすか
敵に回したらいかに最初に殺すかが問題ですね
スピード1なので囲むのも比較的容易ですが
その為に2体裂けるかどうかが・・・
まぁ状況によっては最後まで放置が理想なのかも知れませんね
その場合は他のキャラをどう倒すかが悩みの種ですが・・・
まぁメイド長入りデッキで白にでかいのが控えている可能性は低いと思うので
その他の白のキャラを優先して倒すべきなのかもしれませんね
結局は自分の先を読みきる力と
それを再現できるプレイングにかかっているわけですが・・・

それでは今日はこれくらいでー
最近はコメントが多く頂けて嬉しいです♪

それでは常に未来を読み思い通りに動かそうとするモノに最上の幸福を願って
スポンサーサイト
2007.04.08 Sun l アクエリアンエイジオルタナティブ l COM(1) l top ▲

コメント

支配型
こんばんは。
何か面白そうなデッキですね。

賢者”マーリン”
リトルウィッチ”ミナ・アグリッパ”
ホムンクルス・アゾート”Works274”Ver3
総参謀長”メタトロン”
アークエンジェル”ルシフェル”

デス・ルーン
ソドムの罰


メタのスキル+デスルーンの即死級コンボ
SRルシ+274+αの酷い弾幕
どちらも相手にとって酷い状況ですね。
後者は根こそぎキャラ一掃もできますしね。

一方。パっと見ての弱点は最序盤ですかね?
マーリン+メタで鬼ごっこはさばけそうですが。
直接キャラを潰しに来られるとキツそうでs。
2コストのキャラが不在なので序盤のパワー不足を狙らわれますね。

逆に序盤を凌ぎきれば時間がたつにつれて勝ちパターンに持っていけそうでs。
meも使ってみたくなりましt。


それと鬼ごっこの話。

相手も自分も鬼ごっこ状態にはmeも結構遭遇したことありまs。
ただmeはそれが非常に面倒で嫌いなんですね。

そこで活躍してるのがポーラ。
白青スターターにも入ってるあの娘でs。
4方向の光弾飛ばせるんで相手MBを狙いながら相手キャラも掃除できるんでs。
裏返して放置してても効果があるので結構おすすめでs。

両者鬼ごっこ状態は上記のポーラのような
「まとめて構うことができる」スキル持ちのキャラが活躍するかと思いまs。

白では新名、望あたり。
青ではミナ(自MBにスキルを重ねたり)、ポーラ、ソニア、ステラ、オルタとか。
緑ではルシ(微妙?)、鈴鹿御前、ティアマト、シヴァとか。
赤では沖田(両者鬼ごっこでは微妙)、栞(リスク減+追いかける)
黄では次元斬を自MBにちらつかせれば手を出せないかと。
黒では艦隊指令と、オルタ全般。
パニッシュ→突撃でダメージを狙える
ステルス→姿見えません。結構有利でs。
タイムストップ→早いです。有利でs。

黄色と赤が若干不利な印象が。

鬼ごっこ対鬼ごっこはハイリスクハイリターンだと思いまs。
相手のMBの体力を一気に削れるか、相手のキャラを一掃できるか。
削られてしまうか、一掃されてしまうかの駆け引きが熱いですね。

長文失礼しましt。
2007.04.08 Sun l がんがぜ. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。