上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
砂利なげんぞwwwww

って事でー
今日は~
アクエリアンエイジオルタナティブの話です


予定が遇わなくてよしにゃーさんとの
ナンバーマッチングには参加できませんでした
残念っ(・ω・`)

次の機会には是非参加させていただきたいと思います

今日はちょっと実験的に
テンプレ赤黄(?)を動かしてみました

将来的に一番壁になりそうなデッキだったし
自分で1度は使用して感覚が掴みたかったんですよね~

あ、ICは明日菜でやりました
直前にアバターをかなり弄ったのでそれが見たかったんですよね

あと焔ICは金までは黒単制限がかかってるので
赤黄は出来ませんから(ぉ

レシピはこんな感じ
陰陽博士”土御門 沙耶”
天仙”西王母”
凪巫女”鹿島 栞”
スレイプメイド”ソフィエル”
ビハインド・エンジェル”ハニエル”

応龍
ミラーブレード


まぁ大体テンプレ通りのデッキかな?って感じ
久々に全国だったし軽くてんぱってましたw

1戦目 相手緑黄
ランクはロード・・・になってるんだけど
戦った時点ではハイロードだった気が・・・?
降格しちゃったのか見間違いかどっちだろう
久々にやるのに相手は格上、それも緑黄篭りとはついてねーなぁ・・・
が第一印象でしたね
相手のレシピもハニブレの典型って感じでしたし

結果はまぁなんか普通に勝ちました
1ラウンド目はまぁ頭の中にある典型的な赤黄の動きを確認
開幕沙耶+黄ソフィでティアマトを殺害
その後シヴァ降臨にあわせて黄ソフィを落としハニエル+栞を降ろす
その後は相手のバンガにこっちの動きをあわせて回避+相手シヴァ内にバンガで終わり

2ラウンド目も大体同じ
ただ黄ソフィを残し沙耶を落としました
ついでにミラブレ+応龍も使用感を確認、完封
バンガを撃たれるタイミングは分かるんだけど
撃つタイミングが分からないことに驚いたってのが感想かなぁ
あと黄ソフィは想像以上に落ちない
普通に立ち回って一桁カウントまで開幕から生きてたのには驚き

2戦目 相手緑黄
ランクはロード
ってかまた緑黄かよー・・・西王母意味ねーと思ったら
篭りデッキじゃなかったです
シヴァ無しだったしねー
あとハニエルも無かったです

1ラウンド目
開幕パターンは固定
黄ソフィ+沙耶でスキルを当てつつ敵MBを削り
そのまま栞に繋げる
沙耶をわざと突貫して落としてハニエル→バンガで削る
最終的にエナドレ撃たれて”引き分けか~”と思ったら負けだった
どーやら何か被弾してミリ削られてたらしい
残念(・ω・`)

2ラウンド目
なんか同じパターンじゃつまらないなーと思い
沙耶を敵MBに重ねてブレイク
そのままスキル使わずにフルボッコ
黄ソフィも普通に立ち回り沙耶落とし(ry
相手にアフロディーテが降りて
ラスト1桁になっても生きている黄ソフィに軽く恐怖しました・・・
そのまま完封

3ラウンド目
まぁ大体2ラウンド目と同じ
まだ1度もブレイクしていない西王母をここで始めて使う
”・・・んー 2体当てるのめんどいなぁ・・・
まぁいっか殴ろっと”

って感じで攻める
最後はミラブレ→MBをアフロディーテに突貫→アフロディーテが落ちる
なんて軽いイベントもこなして終了
確か無傷だった気がする→自MB

3戦目 相手赤緑黒
相手のランクはマスター
オルタは緑のみ緑キャラはタルテーだけと偏った編成でしたね
他は大体赤黒典型って感じの構成でした

ここで分かったのが
(沙耶+西王母+タルテー+MB絡みの攻防)=フリーズ
って事だねぇ
それまでは何とか全てを把握して動けてたんだけど
急に思考が停止しましたw

一応1ラウンドは取ったんだけどねぇ・・・
最後応龍が反応していれば引き分けな試合でした
残念

あ、この試合では沙耶のスキル殆ど使ってません
何というかー・・・
強いんだけど頼っちゃダメかなーって感じのスキルですね
これ

後はこのデッキだと俺には少しもどかしいですね
もう少し攻め手が豊富だと良い感じなんですが
俺だったら赤黄でもこうなるかなぁ?って感じのデッキはこちら
陰陽博士”土御門 沙耶”
凪巫女”鹿島 栞”
スレプメイド”ソフィエル”
三眼皇女”ラユュー・アルビレオ”
ビハインド・エンジェル”ハニエル”

四天王結界
ミラーブレード

かなぁ
下手すると沙耶→日見呼のが精神的に安定するかもしれない

でもこんなデッキ書いてると
赤黒でいいじゃん
とか思っちゃうよね
ってかまぁぶっちゃけその通りなんだけど

まぁ赤黄を使ってみた感想を考えると
”強い、しかも簡単”
と感じたね
まぁ簡単ってのは赤黄で頑張ってる人には冒涜に感じるかもしれないが
これは俺的には誉め言葉デス

”対篭りの対応も比較的容易
それでいてガン攻めデッキを封殺でき
乱戦攻防で一方的に有利に立つことが出来る”

というのが流行ってる理由かなーと感じた

まぁそんなの文章で書いてみて強すぎなんだけどさw
要するに何でも出来るんですよね
しかもそれがどの状況でも合格点を維持できる

ある意味メタ1枚でどんな状況も乗り越えていった黒単と似ているんですが
大きな違いとして環境の変化に対応しやすいんですよね
例えば黒単ならメタトロン1枚事故死で
急に厳しくなる訳ですが
このデッキには第2.第3の選択肢がすぐに用意出来る
コレは今までに無かったタイプのデッキだよねー

あかり、メタ、遥は何らかの方法で原因を殺せば解決だったのに
これはそう簡単には行かないわけだからねぇ

あ、使ってみて思ったのは
本当に怖いのは沙耶ではなく黄ソフィです
”ピンチが危険ですぅ☆”にも見習ってほしいモノですね
まぁあっちはあっちで優秀ですが

対戦しているとどうしても相手は沙耶に意識が向かうみたいで
黄ソフィって結構おざなりにされるんですよね
なので最終的にきわどい局面でこの差が大きくなってくる
俺的に対赤黄のキーとなるのは
如何に早い段階で黄ソフィを落とし
敵MBにダメージを入れられるか
だと思うね
栞につながれる前にダメージを入れられないと相当厳しい

まぁ今日の経験を元に黒単で対赤黄を考えないとなぁ
今のところ脳内の作戦では
自分の操る赤黄VS自分の操る黒単で
黒単全敗デス(・ω・`)

何か閃かないとなぁ

んじゃまコメントレスー
よしにゃーさん

今日のナンバーマッチングいかがでしたか?
参加できなくて申し訳ありませんでした
良い結果であった事を期待しております

X4ですが
あまり知られていないようなのですが
黒ゼロとノーマルゼロは性能同じですw
X6の隠し黒ゼロが大幅強化なのでそれのイメージなのでしょうか
プラズマは神システムですね
ストックは選ばれる機会がめったにありませんし

質問は随時受付中ですよ~
答えられるかは俺の性能次第ですがw(ぉ

桐生さん
お仕事ご苦労様です
ゼロはX3のコミックを読んでから好きになりましたね~
アレは格好良過ぎです

あと小ネタなんですが
X4とX6はゼットセイバーをダッシュでキャンセルして高速斬りが出来ます
X4なら□と○を交互に連打するだけ
X6だと□×2→○か□と十字キーの進行方向を一緒に連打すると出来ます
これを覚えるとドラグーンなどの1部ボス戦がかなり楽になりますよー
X6に至ってはラストシグマですら瞬殺ですw
是非お試しあれ

それじゃ今日はこんなところでー

それでは目の前の壁をどうにか崩そうとするモノに最上の閃きを願って
スポンサーサイト
2007.07.15 Sun l アクエリアンエイジオルタナティブ l COM(2) l top ▲

コメント

赤+黄はやっぱツヨイ・・・
いろんな意味でプレイング幅・柔軟性・妨害力
なんだかんだで揃ってるところがにくいw
そのせいで赤・黄は使ってない自分w
まぁ材料が揃ってないのがあれだけど
友達に借りてやったらこれはつぇってなりましたもんw
やっぱり、俺には赤・白低コスト軍団デッキでこれからもやってくぜ!!
それで、赤+黄に惨敗したり、シヴァにのされたりしてますけどw
2007.07.15 Sun l 桐生. URL l 編集
いえいえ、また次に参戦していただければ光栄です。
ちなみに対戦成績ですが・・・負けちゃいました。
なんでも相手の人が全国146位とかすさまじい数値(自分なんて万単位だし)だったので。
でも楽しかったですよ。
2007.07.15 Sun l よしにゃー. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。