上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Rioの人ですよー

今日は今年のF1GPの最終戦
ブラジルGPが生中継でしたねっ


もちろん見てました
ポイント差10ポイント以内に3人のドライバーが並ぶ混戦模様と
その3人がフロントローに集まっている事もあり
スタートから見ごたえがありましたね

との巴に真っ向から対立したのが
母国GP連覇を狙うマッサ
ポールも獲得して最後に一花咲かせるか!?ってのも注目だったんだけど

スタートからなかなか熱かったですね
3位のライコネンが良いスタートでマッサを狙い
マッサはハミルトンを押さえ
アロンソはハミルトンを狙う

結果的にはマッサ ライコネン アロンソ ハミルトン
とスタートからポジションを大きく変えて始まりました

このアロンソVSハミルトンはチームとは思えない厳しさがありましたねー

ハミルトンはそこから調子を崩して大きく順位を落とし
ライコネンとアロンソの戦いに注目って感じでしたが

まぁ結果的には2度目のピットでライコネンがマッサの前に出て
フェラーリが独走

マクラーレンは今回は完全にフェラーリに置いてかれてましたね
GP中盤の展開とはまったく逆な感じでした

ハミルトンは猛追撃するも7位フィニッシュ

結局
ライコネン 110Pt
ハミルトン 109Pt
アロンソ  108Pt
マッサ    94Pt

と予想は外れましたー

コンストラクターズはマクラーレンのPt剥奪があったものの
フェラーリが独走状態での2冠
こっちも予想外れましたね・・・

いやぁ偉そうな事言ってすいません
(・ω・`)

ライコネンの執念を感じたシーズンでしたねぇ
一時期は26Ptも差がついていたとは思えない・・・

中盤までの圧倒的なマクラーレンペースを覆せた
フェラーリの開発チームスタッフの功績も大きいですね

新しいタイヤ交換用カバーとかも面白かったし
多分外見じゃ分かりにくいけどかなり変更点もあったんだろうし

あ、そーいやギア関係を作り直したんだったっけか
それはかなり大きな要因だったのだろうねぇ

アロンソVSシューマッハだった前節
マクラーレンVSフェラーリだった今節と
この2年は純粋にF1が楽しかったですね

セナ亡き後のシューマッハの独走状態は見ていても面白くなかったし

シューマッハからライコネンへ
赤き魂はしっかりと引き継がれているように感じました

3度目のチャンスをしっかりとモノにしたライコネンに
心から祝福したいと思います

んじゃまコメントレスー
グラム氏

まじでー
ちょーやりてー(ぉ
って訳でそっちが良かったら鍋の時持ってきてくれるとありがたいデス
いやぁ感謝感激♪

そんじゃま-今日はこんな感じでー

それでは手の届かなかった場所に辿り着けたモノに天上の祝福を願って
スポンサーサイト
2007.10.22 Mon l 日常 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。